自由に稼ぐ 実現した ふくまさの メールマガジンを受け取る

スマートライフ

iOS 13でiPhoneのバッテリーの消耗が激しくなった時の改善方法

 

いよいよ今年も新しいバージョンの、iOS13がリリース間近になってきましたね。

 

楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

僕は待ちきれず、ひとあし早くベータ版を試していますが、とっても快適に動作しており正式版のリリースがさらに待ち遠しくなりました。

 

ただ、インターネット上で「iOS13でiPhoneのバッテリーの消耗が激しくなった...」というネガティブな声もチラホラ見かけます。

 

そこで、今回はiOS13でバッテリーの消耗が激しくなった時の改善方法や理由を、iOS13のベータ版を使っている僕が分かりやすく説明していきます。

 

iOS 13でバッテリーの消耗が激しくなった原因は?

>バッテリーの消耗が激しくなった原因の公式ヒントページはコチラ

iOS13にiPhoneをアップデートしてから、バッテリーの消耗が激しくなったという方々の症状や意見から、原因を分析してみました。

 

その結果、いくつかの可能性が考えられたので紹介していきます。

 

アップデートに失敗している可能性

アップデートに失敗している可能性も否定できないところです。

 

意外に思った方も多いかと感じますが、iPhoneがきちんと動いているように見えて、アップデートが失敗していることは少なくありません。

 

アップデートが失敗した結果、一部の機能にトラブルが発生している状態で、例えば今回ならバッテリーの激しい消耗ですが、他にも圏外になってしまったり電話だけができなかったりと、いろんなパターンが存在します。

 

アップデートの不具合が起こっている可能性

アップデートの不具合、これはアップデートのソフトウェア自体が壊れていたり、正しく開発されていなくて起きてしまう不具合です。

 

iOS13にしてからバッテリーの消耗が激しいけど、何か手順を間違ったかな?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、あなたの操作が間違っておらず本体も故障してないのに不具合が発生することはありえます。

 

アップデートが原因ではない可能性も・・

実は、アップデートが原因ではない可能性も否定できないものの一つです。

 

理由はiPhoneが機械的に壊れており、本体のどこかに異常があったものがアップデートによって症状が現れてしまったパターンです。

 

例えばバッテリーだけでなく、バッテリーと本体の基盤をつなぐ部分の故障や、プログラムを記憶する部分の故障などがあります。

 

iOSをアップデートした結果、ソフトウェアの性能が上がり内部の故障を発見できたりする場合もあって、アップデートが原因で故障したわけではなく、アップデートで故障が発見されることも多いです。

 

iPhoneのバッテリーの消耗を抑える改善方法は4

iPhoneのバッテリーの消耗を抑える改善方法を4つご紹介します。

 

どの方法もそれぞれ有効ですが、先に必ずバックアップを取ってから試してみてくださいね。
>iPhoneバックアップの公式ページはコチラ

 

iTunesでアップデートをやり直す

 

ITunesでアップデートをやり直すための有効な方法で、これはパソコンなどのコンピュータにITunesというAPPをインストールしてiPhoneのアップデートをおこないます。
>ITunesを使ってのアップデート方法の公式ページはコチラ

 

実は、iPhoneをWi-Fiに接続して直接アップデートをする方法と、コンピュタータにLightningケーブルで接続してITunesを利用してアップデートする方法では、ITunesを利用した方が安定してiOSのアップデートするためのデータをダウンロードできたり、インストールをおこなうことができます。

 

アップデートはデータが大きいので、無線接続より有線接続の方が安定するという仕組みです。

 

また、iPhone単体のアップデートとITunesでのアップデートだと、iOSの細かいバージョンが違うこともあったりします。

 

Wi-Fiでアップデートを失敗するときなどにも、お試しいただきたい有効な方法です。

 

次のアップデートや改善策を待つ

 

次のアップデートや改善策を、待たなければならないこともあったりします。

 

その理由は、上記でお伝えしたiOSのアップデートに含まれるプログラム自体が正しく作られておらず、私たちユーザー側では何もできない場合などです。

 

iOSのアップデートの提供に時間がかかる場合もあり、歯がゆいところですが新しいアップデートが配信されるか、バッテリーの消耗が早い不具合に特化した改善策が出てくることを待ってみましょう。

 

もし、バッテリーの消耗についての不具合だけであれば、お金に関して負担となりますがモバイルバッテリーを用意するのもオススメです。

 

iPhoneのバッテリーが普通な状態の時も、外出時に急な長電話などで思いがけず消耗することもあるかと思います。

 

そんな時のためにも、ひとつモバイルバッテリーを用意されておけば今後の安心につながるかもしれません。

 

iOS 12へダウングレードする

>ベータ版からiOS12へダウングレードする方法の公式サイトはコチラ

 

ご存知の方も多いかと思いますが、実はiPhoneを含むiOSデバイスはアップデートをおこなった際には、基本的には元のバージョンには戻せません。

 

新しいもののみへの、一方通行なのですがベータ版に関しては現時点で一般公開されている最新OSに戻すことが可能です。

 

その方法は、上記で紹介したように基本的にはコンピュータのITunesを利用しての初期化が有効となります。

 

ただ、ひとつ大きな注意点があって、バックアップを取ったとしてもベータ版のiOSの方が、現時点の最新iOSより新しいため、データをバックアップから復元ができない可能性があります。

 

その場合は、APPごとやiCloudの同期などで復元できるデータを使ってiPhoneを利用していく形となります。

 

2019最新の改善方法を試す

2019最新の改善方法としては、iOS13に新しく追加された機能で、最適化されたバッテリー充電(Optimized Battery Charging)というものがあります。

 

これは、規則正しい生活をしている方に特に効果的な機能なのですが、バッテリーの充電を80%で一旦ストップし、100%なのに充電を続けようとすることでバッテリーの劣化を防止する機能となっています。

 

多くの方が、夜のおやすみ前にiPhoneの充電を開始して睡眠に入ると思いますが、この追加機能がうまく作用せず充電に影響を与えている可能性も考えられます。

 

なので具体的な方法として、設定 > バッテリー > バッテリーの状態から最適化されたバッテリー充電のオンオフとiPhoneの再起動を組み合わせてみたり、iOSのアップデート後にすべての設定のリセットをおこなうなどが最新の改善方法となります。

 

もし、ここまでの改善策や初期化を試しても改善がみられないようなら、バッテリーの交換なども検討が必要になる可能性があります。
>バッテリー交換の公式ページはコチラ

 

まとめ

 

今回は、iOS13にアップデートした後にバッテリーの消耗が激しくなった場合の対応策や原因を紹介しました。

 

みなさんのお仕事の都合などで試せるものと試せないものあったりするかと思いますが、新しいiOSにすると機能も追加されたりAPPが増えたりとワクワクも大きいですよね。

 

今回の記事で、バッテリーの消耗に困っているあなたのお役にたてれば幸いです。

 

 

 

 

 

-スマートライフ
-

Copyright© Fuku Masa Official Site , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.